日本基礎心理学会
日本基礎心理学会とは お問い合わせ サイトマップ HOME
学会について
お知らせ
イベントのご案内
入会案内
学会誌
最新号
特集号
バックナンバー
優秀発表賞
優秀論文賞
研究活動助成制度
リンク
学会誌
バックナンバー  
最新号  
  「基礎心理学研究」 特集号原稿募集のお知らせ
特集テーマ: 「質感と感性の認知科学」
        Cognitive Sciences of Shitsukan and Kansei

企画: 山口真美(中央大学)・本吉勇(東京大学)
基礎心理学研究第36巻1号(2017年9月発行予定)では,「質感と感性の認知科学」というテーマで特集を企画いたします。
 
1.企画趣旨

 近年,「質感」が認知心理学における重要なテーマの一つとなりつつあります.質感は,英語圏では物体の材質の知覚を指す場合が多いですが,日本語では,映像の質感とか楽器の音の質感というように,より広範な意味で使われます. それは,日本の心理学者が数十年以上前から積極的に取り組んできた「感性」と重なるところも大きいです.質感も感性も,複雑で捉えがたい感覚信号のパタンから何らかの安定した知覚表現を取り出す能力と関連しています.この能力こそが,私たちの知覚する世界の豊かさやリアリティを支えているように思われます.
 このような背景から,本特集企画では,質感と感性に関する特集号を組むことになりました.広く原稿を募集します.投稿いただいた原稿は審査を経て2017年4月末日までに採否を決定いたします.
 投稿に当たって基礎心理学会の会員である必要はございません。また,投稿いただく論文原稿は,「原著論文」「研究ノート」「評論」(執筆・投稿規定をご参照ください) のいずれでもかまいません。掲載された論文は基礎心理学会 優秀論文賞の審査対象にもなります。

 
2.特集企画で扱う論文の範囲

 この特集号では,質感と感性にまつわる多彩なトピックの論文を募集します.それは物体表面の材質の認知から,雰囲気,感情価,嗜好,美醜,そして様々な次元での「○○さ」の知覚まで幅広い問題を含みます.研究のアプローチについても,心理物理学,発達,動物,イメージング,生態学的分析,計算論,などの別問いません.

 
3.募集要項

 2017年1月末日を締切りとします.基本的にはオリジナルな実験研究の原著論文を募集しますが,理論やモデルに関する研究も含めます.英語論文,日本語論文のどちらでも可です.執筆・投稿規定( http://psychonomic.jp/journal/index.html )にしたがって原稿を作成して下さい.原稿はウェブ投稿・審査システム( http://jjps.edmgr.com/ )から投稿して下さい.本特集号は,基礎心理学研究第36巻1号として,2017年秋発行予定です.

 
4.スケジュール

投稿締切:2016年11月末日 -> 2017年1月末日(延長しました)->2017年3月末日(再延長しました)
採否決定:2017年4月末日(ただし投稿期限の延長に伴い5月以降になる場合もあります)

 
5.問い合わせ先
事務局編集担当:kisoshin-edit@bunken.co.jp
     
 
戻る
   
 
All rights reserved by the Japanese Psyconomic Society