日本基礎心理学会とは お問い合わせ 会員専用ページ HOME
学会について
イベントのご案内
入会案内
学会誌
優秀発表賞
過去の受賞者
優秀論文賞
研究活動助成制度
リンク
若手研究者特別委員会
優秀発表賞
 
日本基礎心理学会では,大会における若手研究者の優秀な発表を優秀発表賞として表彰しています.対象となるのは主発表者が35歳未満の発表です.
日本基礎心理学会優秀発表賞規定
日本基礎心理学会優秀発表賞受賞候補者選考細則
【2017年度 日本基礎心理学会優秀発表賞】
 
第36回大会(2017年12月1日〜3日,立命館大学)において発表された研究成果のうち,優秀発表賞の対象となる47件について審査が行われ,下記の7件が優秀発表賞に選ばれました(発表番号順)。
  • 佐藤 弘美
    時間トレンドに対する意思決定の差分統合モデル
  • 金谷 翔子
    知覚される平均値はセットサイズに応じて拡大する
  • 中山 遼平
    視覚特徴バインディングにおける周期的処理
  • 伊藤 資浩
    時間次元における探索・隠蔽のメタ認知
  • 米満 文哉
    クローン減価効果と関連する個人特性
  • 中村 航洋
    データ駆動型アプローチによる顔魅力の統計モデル構築と魅力の定量的操作
  • 小林 恵
    乳児の顔検出に対するシーン文脈の効果
(大会発表番号順)
【過去の優秀発表賞受賞者】
戻る
All rights reserved by the Japanese Psyconomic Society