日本基礎心理学会
日本基礎心理学会とは お問い合わせ サイトマップ HOME
学会について
お知らせ
イベントのご案内
入会案内
学会誌
最新号
特集号
バックナンバー
優秀発表賞
優秀論文賞
研究活動助成制度
リンク
学会誌
バックナンバー  

基礎心理学研究

第32巻 第1号 (2013年度)

【原著論文】

  • 鬼丸真一・北崎充晃:光強度と音圧による位置フィードバック情報がドライビングシミュレータの運転に及ぼす効果
  • Jun KAWAHARA, Toshihisa SATO, Masayoshi NAGAI, Takatsune KUMADA, Yuki SOMA, Hideaki NEMOTO, and Yukiko NISHIZAKI:The role of cognitive functions in merging manoeuvres during simulated highway driving
  • 木幸子・田部井賢一・Elisabeth HUIS IN’ T VELD・Beatrice de GELDER・田中章浩:表情と音声の示す感情が一致していない刺激からの感情知覚―異文化間バーチャル・リアリティ・コミュニケーションへの応用―

【評論】

  • 石橋和也・喜多伸一:視覚探索における出現頻度効果

【研究ノート】

  • 渡辺友里菜・吉崎一人・蔵冨 恵:ブロックレベルの競合適応は課題間で般化するのか

【書評】

  • 横澤一彦:山口真美,柿木隆介編 顔を科学する 適応と障害の脳科学

【講演論文】
日本基礎心理学会第31回大会
特別講演

  • 下條信輔:視覚の冒険―感覚代行と感覚間可塑性をめぐって―

シンポジウム1:自己移動感覚の心理学

  • Takeharu SENO: Vection strength is determined by the plausibility of a stimulus as a representation of the world
  • 中村信次:実世界画像を用いたベクション実験
  • 寺本 渉:直線加速度自己運動時の音空間の歪み

シンポジウム2:情動・共感覚・オノマトペ―感覚間インタラクション研究の展開―

シンポジウム3:知覚と脳―文理融合型の研究を―

  • 力丸 裕:『知覚科学』へようこそ―ヒト心理物理学と動物神経行動学との統合―
  • 飛松省三:医学と心理学をつなぐ―脳生理学的アプローチ―

2012年度 第2回フォーラム基礎心理学のための基礎研究―網膜,遺伝子,インタフェース―

  • 石金浩史:網膜からのマルチニューロン記録と行動実験による視覚系の解明
  • 昌子浩孝・萩原英雄・高雄啓三・Noah M. WALTON・松本光之・宮川 剛:精神疾患の中間表現型としての未成熟歯状回
  • 梶本裕之:運動と情動を制御する触覚インタフェース

【第31回大会 優秀発表賞抄録】

  • Yuki YAMADA, Takahiro KAWABE, and Makoto MIYAZAKI: Orientation processing underlies pattern randomness perception
  • Hanako IKEDA, Katsumi WATANABE, and Patrick CAVANAGH: Crowding effect for discriminating walking direction of a biological motion
  • Seiya KAKIZAKI, Yuika SUZUKI, and Jiro GYOBA: Effects of spatial factors on tactile roughness perception -A study based on signal detection theory-
  • Kyoshiro SASAKI, Kentaro YAMAMOTO, and Kayo MIURA: Temporal change in numerical magnitude influences time perception
  • Taichi ISHII, Isamu MOTOYOSHI, and Miyuki G. KAMACHI: Removal of attention facilitates global motion detection
  • Sho OTAKI, Sota WATANABE, and Kazuo FUJITA: Non-retinotopic processing in humans versus retinotopic processing in pigeons
  • Yasuhiro TAKESHIMA and Jiro GYOBA: Visual field asymmetry in the facilitation effects of audio-visual integration on visual representation
  • Yuichiro KIKUNO, Tetsuro MATSUNAGA, and Jun SAIKI: Association of rapid scene categorization with a nicotinic acetylcholine receptor gene polymorphism
  • Megumi SUZUKI, Jeremy WOLFE, Todd S. HOROWITZ, and Yasuki NOGUCHI:Disruption of visual search by the misbinding illusion

【解説】

  • 草野 勉・阿久津洋巳:Psychtoolbox 入門

【報告】

  • 山口真美・永福智志:新学術領域「学際的研究による顔認知メカニズムの解明」に参画して

【紹介】

  • 和田有史:食品総合研究所での心理学研究

【会報】

戻る

All rights reserved by the Japanese Psyconomic Society