日本基礎心理学会
日本基礎心理学会とは お問い合わせ サイトマップ HOME
学会について
お知らせ
イベントのご案内
入会案内
学会誌
最新号
特集号
バックナンバー
優秀発表賞
優秀論文賞
研究活動助成制度
リンク
学会誌
バックナンバー  
基礎心理学研究
  第28巻 第1号 (2009年度)

〔特集:脳機能計測と基礎心理学〕 企画:道又  爾・苧阪 直行
道又  爾・苧阪 直行:特集号企画にあたって「脳機能計測と基礎心理学」について
【原著論文】
Nobutaka ENDO, Masayoshi NAGAI, and Takatsune KUMADA: Objective estimation of the state of content understanding by Near-Infrared Spectroscopy (NIRS)
岡田  隆:海馬シナプス機能を下位領域間で比較する─非侵襲的測定研究の可能性─
実吉 綾子・新美 亮輔・末續 朋子・神長 達郎・横澤 一彦:視覚的短期記憶における視覚情報の時間的統合に関わる神経基盤の検討
Shuichiro TAYA, Goro MAEHARA, and Haruyuki KOJIMA: Hemodynamic changes in response to the stimulated visual quadrants─A study with 24-channel near-infrared spectroscopy─
井上 康之・小川 昭利・荒井 宏太・松本 秀彦・松嵜 直幸・小山 幸子・豊巻 敦人・大森 隆司・諸冨  隆・竹市 博臣・北崎 充晃:聴覚事象関連電位への神経デコーディングの適用 ─統計的識別手法の比較と脳波分析方法としての評価─
【評論】
越野 英哉:二重課題の神経基盤
田邊 宏樹:機能分化と機能統合からシステムとして脳をとらえる ─Dynamic Causal Modellingを中心に─

【原著論文】
小林  恵・須賀 哲夫・金沢  創・山口 真美:乳児における女性顔選好性の検討
【研究ノート】
大久保街亜:日本における統計改革─基礎心理学研究を資料として─
【講演論文】
第27回大会 特別講演
明るさ知覚にかかわる神経符号化理論の明確化を目指して ─縞誘導効果に関する25年間の研究から─
Mark E. McCOURT and Barbara BLAKESLEE: Brightening prospects for understanding the neural coding of perceived luminance
第27回大会 シンポジウム1 盛永四郎の再発見に向けて
大山  正:盛永四郎の生涯と業績
野澤  晨:盛永四郎の実験現象学的観察研究
上村 保子:盛永四郎の研究と学生指導
第27回大会 シンポジウム2 マルチモーダル感覚情報の時空間統合をめぐって
Mark E. McCOURT and Lynnette LEONE: The effects of stimulus strength on the timing of audiovisual multisensory facilitation
Kenzo SAKURAI: Exploring multimodal integration in two functions of perception
Bernhard E. RIECKE: Cognitive and higher-level contributions to illusory self-motion perception  ("vection") ─Does the possibility of actual motion affect vection?─
2008年度 第2回フォーラム 消費者心理を科学する:認知心理学と行動経済学の接点
楠見  孝・松田  憲・杉森絵里子:広告と消費者心理─単純接触効果による安心感とノスタルジア─
竹村 和久:消費者の意思決定過程
池田 新介:時間割引と肥満
【第27回大会 優秀発表賞抄録】
Miho KITAMURA, Norimichi KITAGAWA, Ai KOIZUMI, and Makio KASHINO:The effect of moods on visual awareness
Junichi TAKAHASHI, Yousuke KAWACHI, and Jiro GYOBA:Location memory of visual patterns modulated by preference
Ken KIHARA, Jun-ichiro KAWAHARA, and Yuji TAKEDA:Temporal properties of multiple target consolidation: A ERP study
Akio NISHIMURA and Kazuhiko YOKOSAWA:The effects of visual or auditory offset on response selection
Noriyuki NAKAMURA, Sota WATANABE, Toru BETSUYAKU, and Kazuo FUJITA:Do bantams amodally complete partly occluded figures?
Ryuzaburo NAKATA and Yoshihisa OSADA:Perception of the Thatcher illusion by the squirrel monkey (Saimiri sciureus)
Yutaka NAKAJIMA and Takao SATO: Effects of local motion information on motion binding
Nobu SHIRAI, Tomoko IMURA, Deirdre BIRTLES, Shirley ANKER, Shigeru ICHIHARA, John WATTAM-BELL, Janette ATKINSON, and Oliver BRADDICK: Cortical distribution of asymmetric responses to radial expansion/contraction in human adults and infants
Souta HIDAKA, Wataru TERAMOTO, Jiro GYOBA, and Yoiti SUZUKI:Effects of auditory information change on the visible persistence of moving visual objects
Kazuma ISHIMATSU, Nobuyuki SHIBATA, and Setsuo MAEDA:Effects of whole-body vibration on visual information processing
Yuika SUZUKI and Jiro GYOBA: Correspondence of tactile and auditory information modifies the  effects of sound on the tactile perception of roughness
Hiromasa TAKEMURA and Ikuya MURAKAMI: Enhancement of horizontal motion detection sensitivity by vertical illusory motion component
【会報】
  戻る
 
All rights reserved by the Japanese Psyconomic Society