日本基礎心理学会
日本基礎心理学会とは お問い合わせ サイトマップ HOME
学会について
お知らせ
イベントのご案内
入会案内
学会誌
最新号
特集号
バックナンバー
優秀発表賞
優秀論文賞
研究活動助成制度
リンク
学会誌
バックナンバー  
基礎心理学研究
  第25巻 第2号 (2007年度)
【原著論文】 
上田真由子・三浦 利章:モダリティと空間に対する注意の加算性
【研究ノート】 
青山謙二郎:反応速度のセッション内減少の強化ごとの分析
山下  光:Rey Osterrieth複雑図形の再生における意図学習効果の検討
Jun-ichiro KAWAHARA: Implicit spatiotemporal learning of visual context during divided attention
【講演論文】 
【第25回大会 招待講演】
金子  真:超速ハイパーヒューマン技術─人間の能力を超えた世界を覗いてみよう─
【第25回大会 シンポジウム1 心・行動・時間】 
小野 史典:時間知覚に与える記憶の影響
田山 忠行:運動パターンを見ているときの持続時間の知覚
石井  拓:動物の計時行動研究の成果と課題
【第25回大会 シンポジウム2 心理学実験法の基礎的・臨床的汎用性を考える
─精神医学・社会心理学のストレス脆弱性研究から─】 
坂本 真士:自己への注意の持続性から見た抑うつの発生・維持メカニズム
岡本 泰昌・木下亜紀子・小野田慶一・吉村 晋平・松永 美希・高見  浩・山下 英尚・
上田 一貴・鈴木 伸一・山脇 成人:うつ病の認知に関する脳機能局在
森信  繁:うつ病発症脆弱性と養育環境
─ラットの母子分離と学習性無力試験を用いた分子生物学的研究の成果から─
【2006年度 第1回フォーラム 基礎心理学のひろがり】 
安田 孔三:音楽療法─モチベーションを刺激して行動・表現を解放する─
北崎 充晃:身体ポーズと動作の認識
川瀬 芳克:3歳児健診での視力検査─スクリーニングの方法と基準作成─
 
【第25回大会 優秀発表賞抄録】 
Tomoko IMURA, Nobu SHIRAI, Masaki TOMONAGA, Masami K. YAMAGUCHI, and Akihiro YAGI: Asymmetry of the perception of approaching or receding objects defined by moving cast shadows
Akiyuki INOKUMA, Kazushi MARUYA, and Takao SATO: The effect of static reference on luminance and chromatic motion aftereffect
Yuki YAMADA, Mai YAMAGUCHI, and Kayo MIURA: Naive physics alters time-to-passage judgments
Yousuke KAWACHI, Takahiro KAWABE, and Jiro GYOBA: Spatiotemporal integration of object features in the stream/bounce event perception
Nobu SHIRAI, Deirdre BIRTLES, John WATTAM-BELL, Masami K. YAMAGUCHI, So KANAZAWA, Janette ATKINSON and Oliver BRADDICK: Development of asymmetrical cortical responses to radial expansion/contraction
Fuminori ONO and Jun-ichiro KAWAHARA: Time perception is influenced by the subjective area size of a brief stimulus
HuiShu JIN and Kazuhiko YOKOSAWA: The attribute of language-switching in ChineseミJapanese bilinguals' word recognition
Toyomi MATSUNO and Masaki TOMONAGA: Global and local visual processing by chimpanzees (Pan troglodytes)
Tomokazu USHITANI, Tomoko IMURA, and Masaki TOMONAGA: Object-based attention in chimpanzees
Atsunori ARIGA and Kazuhiko YOKOSAWA: Semantic activation of target congruence contingently captures attention
 
【会報】 
 
 
戻る
   
 
All rights reserved by the Japanese Psyconomic Society