日本基礎心理学会
日本基礎心理学会とは お問い合わせ サイトマップ HOME
学会について
お知らせ
イベントのご案内
入会案内
学会誌
優秀発表賞
優秀論文賞
研究活動助成制度
リンク
お知らせ
 
  「基礎心理学研究」(既刊分)における著作権について(お願い)
日本基礎心理学会
理事長  辻 敬一郎
 関係各位
 本学会では、会誌「基礎心理学研究」に掲載する論文等の著者の方々に、著作権譲渡同意書を学会と取り交わしていただくことにいたしました。会誌などにてお知らせいたしておりますように、これは第23巻1号(平成16年9月発刊)より実施しております。
 これによりまして、第23巻1号および今後の掲載論文等につきましては、多様化しつつある出版形態や閲覧手段に、今後学会が対応できるようになりました。しかしながら、二十有余年の歴史がある本学会会員の方々のこれまでの論文等も含め、その成果を広く電子メディアやインターネットで活用できるようにするためには、既に発行された論文等につきましても、現在の著作権法に定められる著作権の所在を明確にする必要が出てまいりました。
 第23巻1号以前の既刊論文等につきましては、著者がすでに本学会を退会されている場合などを含め、多くの問題がございます。これらの問題について慎重に検討を重ねてまいりましたが、これまでに掲載された論文等の著者の方々にも、その著作権が本学会に帰属していることを改めてお認めいただきたくお願いすることになりました。これは、第23巻1号およびそれ以後に掲載する論文等と同様に、複製権や公衆送信権などに関わる事柄に学会が将来的に対応していくためのものであり、著作者の人格権を侵害するものではありません。また、学会の承諾を得ていただければ、著作者ご本人がその成果をホームページなどで公開することを妨げるものではありません。
 既刊論文等の著作権が学会に帰属していることを確認させていただく手続につきましても検討してまいりました。本来ならば、著者の方々に書面をもってご確認をいただくべきところですが、以下のような手続をとらせていただきます。平成16年度総会より平成17年度総会までのおよそ1年間を公知期間とし、この間に特にお申し出がなかった論文等の著者の方々におかれましては、著作権が学会に帰属していることをお認めいただいたものとさせていただきます。お申し出がありました論文等につきましては、電子化など将来的な対応から除外させていただくことになりますが、なにとぞご理解の上、ご協力下さいますよう、重ねてお願い申しあげます。
 尚、この件についてご不明の点は、日本基礎心理学会事務センターまでお問い合わせ下さいますようお願いいたします。
戻る
All rights reserved by the Japanese Psyconomic Society