日本基礎心理学会
日本基礎心理学会とは お問い合わせ サイトマップ HOME
学会について
お知らせ
イベントのご案内
入会案内
学会誌
優秀発表賞
過去の受賞者
優秀論文賞
研究活動助成制度
リンク
優秀発表賞
 
第27回大会(2008年12月6日〜7日,東北大学)において発表された研究成果のうち,優秀発表賞の対象となる79件について審査が行われ,下記の12件が優秀発表賞に選考されました(発表番号順.括弧内は連名発表での受賞者)。
受賞者一覧
 
1P-12 北村美穂(小泉 愛)
観察者の気分が運動視に及ぼす影響
1P-14 高橋純一(河地庸介)
視覚パターンの空間位置記憶における好みの影響の特異性
1P-21 木原 健
RSVP事態における複数標的符号化処理の時間特性:事象関連電位研究
1P-23 西村聡生
視覚刺激もしくは聴覚刺激の消失による反応選択への影響
1P-34 中村哲之
ニワトリにおける非感性的補間知覚の検討
1P-60 中田龍三郎
ヒトとリスザルにおけるサッチャー錯視の知覚
2P-4 中嶋 豊
Motion binding知覚における局所運動の役割
2P-37 白井 述(伊村知子)
放射状拡大/縮小運動に対する非対称な皮質活動の分布
−ヒト成人と生後3−5ヶ月児を対象に−
2P-44 日高聡太
聴覚刺激によって変容する視覚運動刺激の視覚的持続(Visible persistence)
2P-55 石松一真
全身振動への曝露が視覚情報処理パフォーマンスに及ぼす影響
2P-57 鈴木結花
テクスチャの粗さ知覚におよぼす聴触覚情報の一致性の影響
2P-59 竹村浩昌
垂直方向の錯覚成分により水平方向の運動検出感度は向上する
  (大会発表番号順.( )内は連名発表での受賞者)
戻る
All rights reserved by the Japanese Psyconomic Society