日本基礎心理学会
日本基礎心理学会とは お問い合わせ サイトマップ HOME
学会について
お知らせ
イベントのご案内
入会案内
学会誌
優秀発表賞
過去の受賞者
優秀論文賞
研究活動助成制度
リンク
優秀発表賞
 
第24回大会(2005年12月3日〜4日,立教大学)において発表された研究成果のうち,優秀発表賞の対象となる98件について審査が行われ,下記の12件が優秀発表賞に選考されました。
受賞者一覧
 
1P07 杉山 珠美
自然映像が含む運動情報に基づく視覚探索
1P20 新美 亮輔
日常物体の方向認知と対象性の関係
1P23 大森 馨子(和田 有史)
触覚情報が視覚に及ぼす影響
−錯視図形における触覚情報の効果と実験における触覚情報の効果との比較検討−
1P40 井上 康之
身体動作の認識における生体力学的制約
1P41 榎本 玲子
手型認知におよぼす手話経験の効果に関する研究
1P49 山田 祐樹(河邊 隆寛)
主観的物体は位置の記憶を引き寄せる
2P25 松野 響
チンパンジーにおける適応法(PEST)をもちいた輝度コントラスト閾の測定
2P30 澤 幸祐
見本あわせ課題を用いたサル前頭前野における報酬予期反応
2P35 小野 史典
時間知覚に与える主観的大きさの影響
−エビングハウス錯視を用いた検討−
2P39 伊村 知子
チンパンジーとヒト乳児におけるキャストシャドーからの物体の運動軌跡の知覚
2P41 実藤 和佳子
乳幼児における運動情報の弁別・選好
−姿勢運動発達との関連性から−
2P49 平井 真洋
ヒト・ロボット・光点歩行運動知覚時の倒立効果
−事象関連電位計測による検討−
(大会発表番号順.( )内は連名発表での受賞者)
戻る
All rights reserved by the Japanese Psyconomic Society