日本基礎心理学会
日本基礎心理学会とは お問い合わせ サイトマップ HOME
学会について
役員
会則
お知らせ
イベントのご案内
入会案内
学会誌
優秀発表賞
優秀論文賞
研究活動助成制度
リンク
学会について
 
   
日本基礎心理学会優秀論文賞選考細則
第1条   本細則は,「日本基礎心理学会優秀論文賞規定」にもとづいて,選考を行う優秀論文賞選考委員会(以下「選考委員会」という),および,選考委員会が行う選考の手続き等を定めるものである.
   
第2条  
選考委員会は,『基礎心理学研究』各巻における選考を行う度に組織するものとする.
   
第3条   選考委員会は,次の各号に記載する委員をもって構成する.
  (1) 理事長
  (2) 編集委員会委員長
  (3) 理事の中から常務理事会が指名する3名
  (4) 編集委員の中から常任編集委員会が指名する3名
  (5) その他,選考委員会が必要と認めた者(ただし2名以内)

2 選考委員会の委員長は,編集委員会委員長が務めるものとする.
   
第4条   受賞論文の選考は,対象となる論文について次の各号の基準にもとづいて委員が評価を行った後に,選考委員会での審議によって行う.
  (1) 論文展開の論理
  (2) 研究遂行の方法
  (3) 成果の学界への貢献度
  (4) 記述などの論文形式
   
第5条   選考は以下に定める手続きによる.
  (1) 委員は前条各号の基準を考慮して,5点満点で評定を行う
  (2) 選考委員会において委員の評定の集計を行い,総得点および各委員による評価意見を勘案して,審議に参加した委員の3分の2以上の賛成をもって受賞論文を決定する.
  (3) 審議に参加した委員の3分の2以上の賛成を得る論文がなかった場合は,当該巻においては優秀論文賞の授与は行わない.
   
第6条   選考委員会委員長は,選考結果を理事会に報告するとともに,受賞論文の著者に通知する.
   
第7条   本細則の改廃は,常務理事会で決定し,理事会に報告する.
   
付則   本細則は,2007年4月1日から施行する.
   
 
戻る
   
All rights reserved by the Japanese Psyconomic Society