日本基礎心理学会
日本基礎心理学会とは お問い合わせ サイトマップ HOME
学会について
お知らせ
イベントのご案内
大会
フォーラム
公開シンポジウム
共催・協賛の研究会
入会案内
学会誌
優秀発表賞
優秀論文賞
研究活動助成制度
リンク
イベントのご案内
過去の大会
  日本基礎心理学会第18回大会
【会期】
1999年10月10日(日)〜11日(月)
【会場】
聖心女子大学(地下鉄日比谷線「広尾」下車)
【役員】
大会委員長 鳥居修晃
【交通案内】 
東京駅より
地下鉄丸の内線「霞ヶ関駅」乗換え
地下鉄日比谷線「広尾駅」迄約26分下車(六本木よりの出口から出て下さい)
渋谷駅より
都バス『日赤医療センター』行き約10分《東京女学館前》下車5分
または渋谷からタクシーで約10分
恵比寿駅より
地下鉄日比谷線一駅で「広尾駅」下車(六本木よりの出口から出て下さい)
または恵比寿からタクシーで約5分
【大会日程】 
両日とも受付開始は午前9時です.
10月10日 10:00-12:00 13:00-15:00 15:10-16:40 16:50-18:20 18:30-18:50 19:00-20:30
グリーン
パーラー
研究発表A 研究発表C        
ブルー
パーラー
研究発表B 研究発表D        
宮代ホール     シンポ1 シンポ2 一弦琴演奏  
学生食堂           懇親会
10月11日 10:00-12:00 12:00-13:45 13:45-14:20 14:30-16:00
グリーン
パーラー
研究発表E      
ブルー
パーラー
研究発表F      
宮代ホール     会員総会 招待講演
203番教室   運営委員会 表彰式  
【シンポジウム1 「読む眼・読まれる眼−視線知覚を通して見る心の源流−】 
(第1日目 15:10〜16:40 宮代ホール)
企画・司会者
遠藤 利彦 (九州大学)
話題提供者
板倉 昭二 (大分県立看護科学大学)
「視線読みとりの比較・進化心理学−視線知覚・共同注意・心の理論−」
小林 洋美 (京都大学霊長類研究所)
「コミュニケーション装置としてのヒトの目の進化」
指定討論者
吉川 左紀子(京都大学)「表情の中の眼−視線と情動の密なる関わり−」
【シンポジウム2 「記憶の意識的側面と自動的側面をめぐって」】 
(第1日目 16:50〜18:20 宮代ホール)
企画・司会者
川口 潤(名古屋大学)
話題提供者
大平 英樹(東海女子大学)
「記憶検索における自動的過程・意識的過程の時間的推移」
藤田 哲也(光華女子大学)
「潜在記憶の定義と測定法の関係」
指定討論者
齋木 潤(京都大学)
【招待講演 「色覚のメカニズム」 】 
(第2日目 14:30〜16:00 宮代ホール)
講演者
北原 健二(慈恵医科大学)
司会
鳥居 修晃(聖心女子大学)
【一絃琴の演奏 】 
(第1日目 18:30〜18:50 宮代ホール)
演奏者 峯岸 一水(清虚洞一絃琴宗家四代)
解 説 徃住 彰文(東京工業大学)
一絃琴は、桐の一枚板に一本の絹糸を張り、芦管と呼ばれる象牙の爪で音を作る楽器です。この珍しい楽器は、江戸期に高僧・貴族・武士たちの間で隆盛をきわめたと言われています。今回演奏いただく峯岸一水氏は、幼少より曾祖母・清虚洞一絃琴宗家の三代目松崎一水氏(国選無形記録文化財保持者)から手ほどきを受け、聖心女子大学在学中の昭和六十三年、四代目を継承された若手邦楽家です。現在、日本はもとより、アメリカ、フランス、イタリア、チェコスロバキアなどで精力的な演奏活動を行う中で、一絃琴の伝統を守りながら、独自の音の世界を追求されておられます
戻る
All rights reserved by the Japanese Psyconomic Society